2017年

プレミアリーグEAST第5節 vs 鹿島アントラーズ(保土ヶ谷公園)

<横浜F・マリノスのスタメン>

------栗原秀輔(22)-塚田裕介(8)------
---椿直起(24)--------伊藤優世(11)--
-----山田康太(10)---土佐陸翼(19)----
澤田章吾(5)-西山大雅(6)-柳知廈(3)-藤田一途(4)
-----------中村涼(1)---------

<サブ>

松井康輔(2)、本山鐘現(12)、木村卓斗(17)、鈴木駿之助(18)、
荒貴史(20)、岩澤桐人(23)、池田航(36)

<交代>

61分:澤田章吾(5)→鈴木駿之助(18)
61分:伊藤優世(11)→岩澤桐人(23)
71分:栗原秀輔(22)→木村卓斗(17)
76分:塚田裕介(8)→本山鐘現(12)

 

<鹿島アントラーズのスタメン>

------------金澤蓮(9)----------
---武沢一翔(5)--渡邉伶那斗(12)--出津真哉(8)--
------小沼樹輝(18)---阿須間貫太(15)-----
荒川弘大朗(6)-中村勇太(4)-増崎大虎(13)-結城将貴(2)
------------沖悠哉(1)----------

<サブ>

白井亮(3)、佐々木翔悟(7)、須藤翼(10)、石津駿斗(11)、
石川碧人(16)、前田泰良(17)、新居見健人(20)

<交代>

HT :武沢一翔(5)→石津駿斗(11)
66分:石津駿斗(11)→須藤翼(10)
76分:荒川弘大朗(6)→白井亮(3)
83分:渡邉伶那斗(12)→佐々木翔悟(7)
89分:結城将貴(2)→新居見健人(20)

<警告>

61分:出津真哉 [イエローカード]
77分:増崎大虎 [イエローカード]
92分:新居見健人 [イエローカード]

 

<得点>

07分 [0-1] 金澤蓮
51分 [0-2] オウンゴール

 

<雑感>

セットプレーからあっさり先制され以降、鹿島の重心は後ろに。

マリノスとしては幅を使って揺さぶりを掛け、左右から活路を見出そうとするも攻めあぐねてる感がして思うようにシュートまで行けず。

まだ前半だからリスクを掛けないと言えばそれまでだけど、もう少しアグレッシブに行っても良かったように思えた。

後半の失点もセットプレーからで追加点を献上することに。

益々、鹿島としては無理に攻める必要なくカウンター狙いになるので、マリノスとしてはある程度ボールが持てている中で選手を入れ替えていき、何とか得点をと前掛かりになるもポストやバーに嫌われ1点すら遠いまま試合終了。

切り替えろ!とは言いたくないが、プレミアはこれで一時中断となり、再来週からクラ選が始まるので、これをキッカケに奮起してもらいたく思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。