2017年

プレミアリーグEAST第15節 vs 青森山田(横須賀リーフスタジアム)

<横浜F・マリノスのスタメン>

-------岩澤桐人(23)--山谷侑士(25)------
---塚田裕介(8)----------堀研太(7)----
-------藤田一途(4)---土佐陸翼(19)------
澤田章吾(5)-鈴木駿之助(18)-西山大雅(6)-木村卓斗(17)
------------荒貴史(20)----------

<サブ>

柳知廈(3)、小林夏生(29)、石井宏育(33)、中村斗星(34)、
池田航(36)、松田詠太郎(37)、鈴木涼汰(41)

<交代>

71分:岩澤桐人(23)→松田詠太郎(37)
76分:澤田章吾(5)→池田航(36)
81分:塚田裕介(8)→中村斗星(34)

<警告>

13分:土佐陸翼 [イエローカード]

 

<青森山田のスタメン>

--------中村駿太(11)-田中凌汰(20)-------
----檀崎竜孔(7)----------佐々木友(9)---
---------堀脩大(8)--郷家友太(10)------
佐藤拓海(3)-小山内慎一郎(4)-蓑田広大(5)-鍵山慶司(2)
-------------飯田雅浩(12)--------

<サブ>

住田将(6)、浦川流樺(16)、三國ケネディエブス(17)、安藤駿(19)、
瀬尾純基(25)、額川賢哉(26)、西周希(40)

<交代>

64分:田中凌汰(20)→浦川流樺(16)
65分:佐々木友(9)→瀬尾純基(25)
74分:堀脩大(8)→安藤駿(19)
79分:中村駿太(11)→額川賢哉(26)
89分:瀬尾純基(25)→三國ケネディエブス(17)

<警告>

56分:蓑田広大 [イエローカード]

 

<得点>

09分 [0-1] 鍵山慶司

 

<雑感>

天候は晴れで予報だと最高気温25度だけど、体感的にはもう少し高かったかTシャツ1枚でも十分な気候。

代表で椿くんと尭士が不在ということで代わりに桐人と斗星がメンバー入りし、怪我人の関係でそのままスタメン&ベンチ入り。

対戦相手は青森山田、今日はベンチ外だけどマリノスユースのキャプテンは「山田」康太であり、両チームともにスタメンには「堀」選手がいる。

そんな状況下でスカパーの中継が行われていたため、実況&解説ならびに視聴者としては何とも紛らわしい組み合わせである。

試合は、立ち上がり間もない時間にセットプレーから失点…

前節同様、縦へと早めにボールを入れ両サイドの裏を狙ったシンプルな攻撃で好機を見出そうとするもあと一手が足りず、思うようにシュートが打てないまま前半終了。

後半に入って、青森山田のフィジカルが落ちてきてプレッシャーが弱まったのか、はたまたマリノスユースが前掛かりになったのか、前半よりもボールが前に行くようになったが、もう1人、もうひと手間足りず、ゴール前を固め最後のところで身体を張って守る青森山田のディフェンス陣を前に崩すことは出来ず、0-1のまま試合終了。

他会場の結果を受け、これで最下位に…

でも7位~10位まで勝ち点差2の団子状態で残り3試合。

幸い残留争いをしている浦和、市船との対戦が残っているため、気落ちしてる暇はなく、ここまできたら今までがどうだったかではなく、今、この瞬間にやるか、やり切れるか、かと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。