ユース

県リーグ vs 川崎フロンターレ(等々力第一サッカー場)

2018年6月24日(日曜)10:15 キックオフ (40分ハーフ)
神奈川県クラブユースサッカーリーグ
横浜F・マリノスユース 3-2 川崎フロンターレU-18
会場:等々力第一サッカー場

 

横浜F・マリノスユース

スタメン

GK 21 加藤 陽向 2年
DF  4 小林 海也 3年
DF 18 岩井 龍翔司 2年
DF 28 岩崎 真波 1年
MF 14 吉尾 虹樹 2年
MF 22 石井 宏育 2年
MF 23 粟飯原 央統 2年
MF 24 松田 詠太郎 2年
MF 32 植田 啓太 1年
MF 35 中村 翼 1年
FW 27 中村 斗星 2年

サブ

GK 31 安藤 誠 2年
DF 15 日隈 雄作 2年
DF 29 木村 恵風 1年
DF 30 仲村 凌汰 1年
MF 34 成田 翔紀 1年
MF 36 米山 導 1年
FW 37 長島 大 1年

交代

HT:粟飯原央統(23) ⇒ 日隈雄作(15)
HT:中村斗星(27) ⇒ 長島大(37)
61分:松田詠太郎(24) ⇒ 米山導(36)
74分:岩崎真波(28) ⇒ 木村恵風(29)

 

川崎フロンターレU-18

スタメン

GK 19 川合 我空 1年
DF 15 道間 雄生 2年
DF 20 澤田 泰大 2年
DF 30 岡崎 玄 1年
DF 34 
DF 38 
MF 13 古屋 雄帆 3年
MF 14 古岡 佑斗 3年
MF 23 常安 澪 2年
MF 39 
FW  8 上野 綜太 3年

サブ

不明

交代

なし

 

得点

34分 [1-0] 中村斗星 (PK)
39分 [1-1] 古屋雄帆
49分 [1-2] 古岡佑斗
70分 [2-2] 中村翼
82分 [3-2] 米山導

 

雑感

前日に引き続き、今後は県リーグへと舞台を移して川崎U-18との対戦。
雨は朝方に止んだっと思えばまた降ってきての繰り返しで雨具が手放せない状態であり、十分に水を吸い込んだピッチはボールの跳ねが悪くなって滑るたびに水飛沫が飛び散る。

そんなピッチコンディションの影響からか、最初はボールを持てていたが徐々に慣れてきた川崎U-18に対して前日と違って一進一退の攻防が続く中で、34分にCKからエリア内でプッシングでもあったのかファールがあって、それによって得たPKを決めて先制するも前半終了間際に同点にされる。

勢いに乗った川崎U-18は後半も攻勢に試合を進める中、49分にマークが甘くなった隙を付いてミドルシュールで逆転される。
マリノスJY出身、左SBの岡崎玄の攻守においての堅実なプレーには手を焼く場面も多々あったが、横浜としてはこのまま手をこまめいているわけにはいかず、61分に詠太郎から導への交代し、右から左からとバランス良く攻め立てることで反撃返し。
そして70分にCKから翼がドンピシャヘッドで同点。
直後に反対にCKを与え、それは防ぐも代償として真波が負傷交代に。

不穏な空気を打ち消すべく、更に攻勢を図るマリノスはロスタイムに左サイドから誰かのシュートが1度はポストに当たってしまうが、その跳ね返りを導が落ち着いて決めることで終了間際に逆転に成功。
残された時間は僅か、ワンプレーツープレーにて試合終了。

Aチーム、Bチームの違いがあると言えばそうかもしれないが、横浜vs川崎という点に置いて2日連続で負けることなく今回は1勝1敗の痛み分けに終わったとしておこう。

 

フォトギャラリー

その他の画像については以下のリンク先から御覧ください。

フォトギャラリー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。