2019年

U-15 関東リーグ後期第11節 横浜F・マリノスJY vs 栃木SCU-15(しんよこフットボールパーク)

2019年10月20日(日曜)16:30 キックオフ
関東ユース(U-15)サッカーリーグ(1部) 後期第11節
横浜F・マリノスジュニアユース 1-2 栃木SCU-15
会場:しんよこフットボールパーク

 

横浜F・マリノスジュニアユース

スタメン

GK 1  高橋 太陽
DF 2  峯岸 慧
DF 4  中井 丈仁
DF 5  小野寺 蓮
DF 15 石井 琉晟
MF 6  西尾 悠翔
MF 8  細川 楓
MF 13 島田 春人
FW 10 松村 晃助
FW 17 内野 航太郎
FW 18 磯ヶ谷 佳心

交代

59分:小野寺蓮(5) ⇒ 池田春汰(24)
59分:西尾悠翔(6) ⇒ 野頼駿介(11)

 

栃木SCU-15

スタメン

交代

なし

警告

78分:(7)? [イエローカード]

 

得点

17分 [0-1] (10)
56分 [0-2] (9)
58分 [1-2] 磯ヶ谷佳心(PK)

 

フォトギャラリー

その他の画像については以下のリンク先から御覧ください。

前半 / 後半

前半途中から暗くて何撮ってるか…

 

雑感

追浜からハシゴしての観戦

この試合に勝利することが最低条件で、その上で他会場の結果次第で1部残留が決まるという状況

スタメンは前節と一緒

力が入ってもしょうがないが、それがプレッシャーへとなり試合開始から明らかに動きが硬い

試合が始まった直後からハーフタイムに入るまで終始ピッチのあちこちから慌てるな!と言う声が飛び合う…

前線というか中央寄りにボールを送るのは良いが何のために…

幅を活かし、ピッチを広く使った攻撃が特徴のはずなのに狭い…

ボールの動きがカクカクしてて斜めが少ない印象…

17分、セカンドボールをダイレクトで前線へと放り込まれるとCBとGKの間にボールが落ち、いち早く反応した栃木10番のループシュートが無人のゴールへと吸い込まれて先取点を奪われる

ボール保持率はマリノスに分があるが、だからと言って果たして主導権もマリノスが握っているのかと言えば首を傾げたくなる展開

栃木としてはある程度こうなることは想定内と言えるだけに

後半頭、猛攻を仕掛けるもあと一歩及ばず、反対にディフェンスラインでのパスミスから失点し、リードを広げられる

直後にPKで1点を返すものの、最後まで追い付き、ひっくり返すことは出来ず敗戦

他会場の結果を待つことなく、来季2部への降格が確定に…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。