2017年

プレミアリーグEAST第8節 vs 浦和レッズ(浦和駒場スタジアム)

<横浜F・マリノスのスタメン>

---------岩城大助(9)--山谷侑士(25)------
----塚田裕介(8)----------松田詠太郎(37)--
---------藤田一途(4)--土佐陸翼(19)------
岩井龍翔司(32)-鈴木駿之助(18)-西山大雅(6)-木村卓斗(17)
--------------荒貴史(20)----------

<サブ>

中村涼(1)、松井康輔(2)、澤田章吾(5)、五十嵐大悟(13)、
榊原彗悟(14)、椿直起(24)、粟飯原央統(35)

<交代>

74分:塚田裕介(8)→椿直起(24)
76分:山谷侑士(25)→榊原彗悟(14)

 

<浦和レッズのスタメン>

-----長倉幹樹(20)-シマブク・カズヨシ(10)
---------大西翔也(3)---------
-北村龍馬(15)----------池高暢希(2)-
-----白土大貴(13)-佐藤陸人(22)-----
---大城螢(17)-大桃伶音(12)-橋岡大樹(4)--
----------河畑光(1)---------

<サブ>

関大夢(5)、荻原拓也(6)、立川将吾(8)、西尾優輝(18)、
甲斐崇史(19)、清水哲太(34)、與那覇航和(43)

<交代>

58分:北村龍馬(15)→荻原拓也(6)
86分:池高暢希(2)→清水哲太(34)
86分:白土大貴(13)→立川将吾(8)

<警告>

19分:橋岡大樹 [イエローカード]
70分:池高暢希 [イエローカード]

 

<得点>

73分 [0-1] 長倉幹樹
94分 [0-2] 長倉幹樹

 

<雑感>

夏場の開催ということで、日差しや気温の高い日中は避けて17時キックオフ。

浦和が3バックという点では意外だったけど、引いて耐え忍んでロングボールを多用してのカウンター狙いというのは戦前の予想通り。

後半、荻原が入った辺りから流れが変わりだし防戦一方だった浦和にチャンスを転がり込んできたけど、こういう展開になるのは容易に想像できてただけに、それを打開できず術中に嵌ったという点で何とも悔いの残る敗戦だった。

次節の市立船橋も守備に重きを置いて一撃必殺のカウンターないしセットプレー頼みをサッカーを展開してくるだろうから試合内容としては今節と似たものになると思うが、今度はチャンスを確実にものにすることで何としてのゴールをこじ開けてもらい勝利したいところである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。