2018年

クラブユース選手権 関東大会準々決勝 vs 浦和レッズ(NTT図南グラウンド)

2018年6月2日(土曜)12:00 キックオフ
日本クラブユースサッカー選手権U-18 関東予選 2018 決勝トーナメント 準々決勝
横浜F・マリノスユース 0-2 浦和レッズユース
会場:NTT図南グラウンド

 

横浜F・マリノスユース

スタメン

サブ

土佐陸翼(6)、小林夏生(13)、岩井龍翔司(18)、加藤陽向(21)、ブラウンノア賢信(26)、中村斗星(27)、津久井匠海(39)

交代

68分:吉尾虹樹→津久井匠海(39)
74分:山谷侑士(11)→ブラウンノア賢信(26)
74分:栗原秀輔(17)→中村斗星(27)

 

浦和レッズユース

スタメン

サブ

岡村勇輝(7)、二見健太(9)、與那覇航和(13)、石橋遼大(15)、縄田脩平(21)、佐藤陸人(22)

交代

54分:清宮昴大(11)→與那覇航和(13)
65分:波田祥太(17)→二見健太(9)
75分:北村龍馬(2)→石橋遼大(15)
89分:山中惇希(24)→岡村勇輝(7)
94分:玉城大志(16)→佐藤陸人22)

警告

91分:岡村勇輝 [イエローカード]

 

得点

01分 [0-1] 清宮昴大
68分 [0-2] 玉城大志 (PK)

 

雑感

・AM6時に自宅を出発も11時に現地入りという片道5時間の遠征
・観戦場所となるピッチ脇は日陰になっているがピッチ上は日向のため、見た目以上に暑いかと
・ピッチというよりグラウンドといった感じで、所々でこぼこしている
・浦和は現在、大桃怜音(4)、大城螢(5)、佐藤陸人(22)が二種登録されている
・負傷者がちらほらいるらしいが、白土大貴(8)、池髙暢希(10)はトップチームのルヴァンカップに帯同との事
・試合開始前の円陣で入り方大事とかの声が聞こえていたが、1分で失点…
・試合への入り方が悪く、浦和のハイプレスに苦しんでミスを多発し、主導権は完全に浦和
・中々シュートまでいける場面は数える程度しかなく、反対に危険なシーンは多々あったけどGK吉嵜勝哉の好守により何とか1失点で折り返す
・ハーフタイム、浦和の選手たちはユニを脱ぎ、控えの選手たちは団扇で仰いで少しでも体感温度を下げようという暑さ対策を講じる
・後半、マリノスのペースになりそうな時間帯はあったものの選手交代によって入った選手がリズムを変えるため、易々とは主導権を渡してくれないところは流石プレミア様

 

フォトギャラリー

その他の画像については以下のリンク先から御覧ください。

前半

後半

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。