2019年

プリンスリーグ第2節 vs 桐生第一(あずまサッカースタジアム)

2019年4月13日(土曜)15:00 キックオフ
高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 関東 第2節
横浜F・マリノスユース 5-0 桐生第一高校
会場:あずまサッカースタジアム

 

横浜F・マリノスユース

スタメン

GK 20 寺門 陸   2年
DF 2 日隈 雄作  3年
DF 5 池田 航   3年
DF 6 小林 夏生  3年
DF 12 木村 恵風  2年
MF 7 井出 真太郎 3年
MF 8 石井 宏育  3年
MF 10 粟飯原 央統 3年
MF 11 松田 詠太郎 3年
MF 14 吉尾 虹樹  3年
FW 17 ブラウン ノア 賢信 3年

サブ

GK 1 小澤 俊介  2年
DF 3 和田 昂士  3年
DF 28 諏訪間 幸成 1年
MF 13 植田 啓太  2年
MF 25 中村 翼   2年
MF 27 米山 導   2年
FW 9 中村 斗星  3年
FW 15 星野 創輝  2年
FW 23 津久井 匠海 2年

交代

55分:井出真太郎(7) ⇒ 津久井匠海(23)
55分:木村恵風(12) ⇒ 和田昂士(3)
71分:粟飯原央統(10) ⇒ 植田啓太(13)
83分:石井宏育(8) ⇒ 中村斗星(9)
83分:松田詠太郎(11) ⇒ 中村翼(25)

 

桐生第一高校

スタメン

GK 92 塩澤 玲央  3年
DF 2 青木 脩悟  3年
DF 11 後藤 真之介 3年
DF 23 真玉橋 綺人 3年
DF 24 丸山 佑大  3年
MF 7 遠藤 青空  3年
MF 15 須藤 礼智  3年
MF 17 竹下 諒   3年
MF 63 落合 遥斗  2年
MF 67 田中 陸翔  2年
FW 26 若月 大和  3年

サブ

DF 21 荻原 礼士  3年
FW 25 山本 直   3年
MF 3 新井 颯   3年
MF 4 飯島 圭一郎 3年
MF 16 高橋 裕真  3年
MF 45 小林 亮太  1年
FW 19 富樫 勇人  2年
FW 53 實藤 月斗  1年

交代

62分:竹下諒(17) ⇒ 實藤月斗(53)
66分:落合遥斗(63) ⇒ 小林亮太(45)

 

得点

04分 [1-0] 石井宏育
18分 [2-0] 吉尾虹樹
62分 [3-0] 石井宏育
79分 [4-0] 津久井匠海
86分 [5-0] ブラウンノア賢信

 

フォトギャラリー

その他の画像については以下のリンク先から御覧ください。

前半 / 後半

 

雑感

今回はレンタカーでの車遠征。

普段仕事で運転してるが、車が変われば勝手が違うということで慣れるまで安全運転を。

早めに新横浜を出発して都内を走り抜け、2時間強で伊勢崎にある目的地に到着。

 

開幕戦、マリノスユースは三菱養和と1-1、対する桐生第一は前橋育英と3-3とそれぞれ引き分けたために先ずはリーグ初勝利を獲るべく戦いところ。

各画像を見ても分かるようにスタンドからは逆光だが、昨年とは違ってそんなに風はなく、半袖の選手もいるが気温もそこまで高くなく運動をするには最適な気候かと。

 

試合開始。

2分、早々に決定機を迎えるが航のシュートは相手GKの攻守に防がれる。

前節も前半に何度かあった決定機を決められずに…と頭を過ぎったが、次なる決定機は宏育は決めて幸先良く先制。

18分にもCKからのこぼれに一早く反応した虹樹が押し込んで2-0とし、リードを広げるマリノスユース。

その後もボールを丁寧に動かしつつ、桐生第一ゴールへと襲い掛かりたいところであったが中々シュートまでには至らず、逆にカウンターを受けることに。

両サイドの脇というピッチを横いっぱいに使ったカウンターからあわやと思われる危険がシーンが度々訪れるが、その度に陸のビッグセーブのお陰により無失点で前半を終えることに。

エンドを変えた後半も陸のビッグセーブは何度かあったが、常に叫びチームを鼓舞し続けたせいか、気が付いたら喉がやられガラガラ声に…

何とか1点を返そうと粘る桐生第一であったが、3点目を取られた辺りからか、プレスの強度が下がってきて思うようにボールカット出来ず、耐える時間が続く。

マリノスユースは、選手を交代させギアチェンジしながら次の1点、次の1点を奪いにいった結果、終わってみれば5-0の大勝に。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。