2015年

日本クラブユース選手権グループリーグ第3節vsコンサドーレ札幌(敷島補助)

<横浜F・マリノスのスタメン>

-------中杉雄貴(11)-西田優太(15)------
----遠藤渓太(7)------吉尾海夏(14)----
------小松駿太(5)---根本圭輔(27)-----
阿部隼人(12)-坂本寛之(19)-板倉洸(13)-坂内祐太(2)
-----------千田奎斗(21)---------

<サブ>

西浦英伸(8)、渡辺力樹(9)、上田朝都(16)、有馬弦希(22)、
常本佳吾(24)、川原田湧(25)、平澤拓巳(26)

<交代>

HT :根本圭輔(27)→川原田湧(25)
57分:吉尾海夏(14)→西浦英伸(8)
57分:西田優太(15)→渡辺力樹(9)

 

<コンサドーレ札幌のスタメン>

FW:徳田勘太(11)、菅大輝(18)、藤村怜(24)
MF:杉山雄太(6)、久保田成悟(8)、本塚聖也(9)、高嶺朋樹(10)
DF:前田海(4)、按田頼(5)、濱大耀(14)
GK:櫻庭立樹(30)

<サブ>

石岡裕太(2)、川尻龍司(3)、仁科佑太(7)、岩田佑成(12)、
高野大(15)、三森哲太(16)、下田友也(19)

<交代>

50分:徳田勘太(11)→仁科佑太(7)
69分:藤村怜(24)→高野大(15)
79分:久保田成悟(8)→下田友也(19)

 

<得点>

06分 [1-0] 遠藤渓太
45分 [2-0] 西田優太
53分 [2-1] 仁科佑太
79分 [3-1] 渡辺力樹

 

<感想>

試合開始早々に先制し、その後も何度かチャンスはあったものの相手GKの攻守に憚れ中々追加点をあげることが出来ないと試合は行ったり着たりの互いに流れの掴めないまま進み前半終了。

後半も立ち上がりに追加点を上げることが出来ると失点はしたものの特にバタつくことはなく自分達のペースで試合を進めることが出来ていて終了間際に追加点を上げて試合を決め、磐石の流れだったかと思います。

この結果により、グループリーグを1位通過したことは嬉しいんだけど一方でこの試合を最後にトップの監督に就任するため10年来札幌のユースの監督を務めていた四方田さんが離れることになったのは他所のチームの事とは言え、何とも淋しい限りで今まで数々の優秀な選手を輩出してきただけに今後も継続してほしくもっと長い時間、腰を据えてユースの監督を続けてほしかったと思う。