ジュニアユース

U-15 関東リーグ第5節 横浜F・マリノスジュニアユース vs 横浜FCジュニアユース(しんよこフットボールパーク)

<横浜F・マリノス ジュニアユースのスタメン>

-----成田翔紀(14)--中島秀(20)------
---中村翼(8)--------瓜田崇悟(19)---
------山根陸(10)--八木智哉(5)------
岡崎玄(12)-岩崎真波(3)-菅谷暁輝(4)-湯上夏(13)
----------寺門陸(16)---------

<サブ>

松本育己(1)、櫻井佑樹(2)、仲村凌汰(6)、植田啓太(7)、星野創輝(9)、
栗原丈(11)、長島大(15)、堀田五月馬(17)、影山秀人(18)

<交代>

HT :瓜田崇悟(19)→栗原丈(11)
52分:八木智哉(5)→植田啓太(7)
52分:岡崎玄(12)→仲村凌汰(6)
52分:湯上夏(13)→櫻井佑樹(2)
52分:成田翔紀(14)→星野創輝(9)
52分:中島秀(20)→長島大(15)

 

<横浜FC ジュニアユースのスタメン>

--(20)-(9)---
-(7)----(14)-
--(13)-(8)---
(2)-(5)-(18)-(6)
----(1)----

<サブ>

不明

<交代>

23分:(13)→(15)
HT :(14)→(19)

 

<得点>

06分 [1-0] 成田翔紀
24分 [1-1] (9)
33分 [2-1] 中島秀
82分 [3-1] 長島大

 

<雑感>

横浜FCの15番寺澤大智は2014年のマリノスジュニアユース追浜にいた寺澤悠大(横浜FM 追浜→桐蔭学園)の弟。

同じく9番梶山はるまは2015年のマリノスジュニアユースにいた梶山かえで(横浜FM MM→日大藤沢)の弟。

その梶山はるまは身長170cm以下で上背はないが胸板が厚く単騎でゴリゴリ仕掛けてくるのでマリノスのディフェンス陣は彼を相手に手を焼いていた印象を持った。

マリノスとしては試合開始早々に先制し、選手同士のイメージの共有が出来ているのかスムーズなパス回しによって試合を有利に進め、内容の面では上回るも最後の部分で押し切れないため追加点が奪えないまま時間だけが経過していく。

後半途中、一気に5枚代えをしてリズムを変えようと試みるも得点という結果には至らず歯痒い想いのままだが、そうなってくると試合の流れは自然と横浜FCへと傾き、梶山はるまを中心として前への圧力を強められ終盤は耐える時間が続いたが、見方を変えればイージーなが目立ち始め選手1人1人の距離が遠くなって焦りが見え隠れしてるようにも思えたので、試合の締め方については改善の余地があるかと。

何はともあれ、相手が相手なだけに勝ちに繋げられたという意味では十分に価値のある勝利だと思う。