2019年

プリンスリーグ第15節 vs 前橋育英(三ツ沢陸上競技場)

2019年10月14日(月曜・祝)13:00 キックオフ
高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 関東 第15節
横浜F・マリノスユース 3-2 前橋育英高校
会場:三ツ沢陸上競技場

 

横浜F・マリノスユース

スタメン

GK 20 寺門 陸   2年
DF 2 日隈 雄作  3年
DF 3 和田 昂士  3年
DF 4 岩井 龍翔司 3年
DF 28 諏訪間 幸成 1年
MF 7 井出 真太郎 3年
MF 8 石井 宏育  3年
MF 11 松田 詠太郎 3年
MF 13 植田 啓太  2年
FW 17 ブラウン ノア 賢信 3年
FW 23 津久井 匠海 2年

サブ

GK 21 加藤 陽向  3年
DF 12 木村 恵風  2年
MF 10 粟飯原 央統 3年
MF 24 成田 翔紀  2年
MF 25 中村 翼   2年
MF 27 米山 導   2年
MF 32 西田 勇祐  1年
FW 9 中村 斗星  3年
FW 15 星野 創輝  2年

交代

HT:日隈雄作(2) ⇒ 成田翔紀(24)
63分:井出真太郎(7) ⇒ 中村翼(25)
75分:ブラウンノア賢信(17) ⇒ 星野創輝(15)
89分:津久井匠海(23) ⇒ 米山導(27)

警告

60分:岩井龍翔司 [イエローカード]

 

前橋育英高校

スタメン

GK 21 高橋 怜士 3年
DF 8 稲村 隼翔 2年
DF 15 相原 大輝 3年
DF 29 中島 修斗 2年
DF 50 松岡 迅  3年
MF 7 中村 草太 2年
MF 22 櫻井 辰徳 2年
MF 55 水上 翼  3年
MF 66 渡邉 綾平 3年
FW 19 熊倉 弘達 2年
FW 65 我妻 岳  3年

交代

HT:中島修斗(29) ⇒ 山田涼太(63)
HT:水上翼(55) ⇒ 並木歩己(46)
54分:稲村隼翔(8) ⇒ 関礼恩(43)
61分:我妻岳(65) ⇒ 西山蓮平(47)
73分:熊倉弘達(19) ⇒ 久林隆祐(48)

 

得点

30分 [1-0] 石井宏育
35分 [2-0] 松田詠太郎
58分 [2-1] 我妻岳
62分 [2-2] 中村草太
74分 [3-2] 和田昂士

 

フォトギャラリー

その他の画像については以下のリンク先から御覧ください。

前半 / 後半

 

雑感

Jユースの敗退から早1週間、色々な意味で切り替えるべく本日はリーグ戦

既にプレミア参入戦を決めてるからなのか先週からスタメン3人の変更をし、これまで全試合スタメン出場だったキャプテン虹樹の名は無し

そしてクラ選GLにてターンオーバー制で1度スタメンはあったがプリンスでは出場2試合目にして本日が初スタメンの幸成が名を連ねる

マリノスユース2019にとって4+2の残り6戦、ここからは誰がいるいないって言うよりもチーム力が試されるだけに少しでも底上げを図りたいというベンチの意図を感じる

試合開始に合わせて冷たい雨が降り始めてきた中でのキックオフ

序盤は両チーム少し硬いかなという印象を受けるも中盤以降はマリノスユースのペースに

30分、CKを1度は跳ね返されるもこぼれ球を拾った真太郎がクロスを上げると戻りオフサイ、、、いや何でもない

宏育のヘッドで先制

続け様、35分にも詠太郎のドリブルシュートが前育GKの手を掠めるもそのままゴールに吸い込まれて追加点

2点をリードし前半を終えたところで後半に向けて両ベンチ動く

マリノスユースにとっては3点差が危険、、、というのは昔の話なのか現在では通説通り2点差が怪しいものとなる

58分、エリア外からのミドルシュートを陸が防ぐも、そのこぼれを我妻岳に詰められて1点を返させる

するとバタバタバタバタ…

62分、エリア手前で龍翔司がファールを犯し、直接FKの場面で地を這う渡邉綾平のシュートを陸が防ぐも、再びこぼれを詰められて同点に

失点後のバタつき具合といい先週の嫌な記憶が蘇る…

失点は痛くても、それでも下を向かず歯を食いしばって前を向けるか。

それが本日のテーマなため、ここら辺りがチームが試されてる時なのだろう

直後、失点する前に決めていたこともあり、そのまま真太郎から翼に交代

匠海にボールを集め、サイドから抉ろうとする中で迎えた74分

匠海がドリブルでエリア内に侵入するも前育ディフェンダーにクリアされるものの、そのクリアボールを拾った啓太のクロスから宏育が落とし、(直前にセットプレーだったから?で)前線に上がっていた昂士が押し込み、再び勝ち越す

この1点を守り、苦しみながらも何とか勝利を手にしたマリノスユース、首位キープ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。