2015年

プリンスリーグ第17節vs山梨学院 (山梨学院和戸サッカー場)

<横浜F・マリノスのスタメン>

------和田昌士(10)-渡辺力樹(9)--------
---遠藤渓太(7)--------堀研太(39)-----
-----小松駿太(5)----吉尾海夏(14)------
阿部隼人(12)-板倉洸(13)-有馬弦希(22)-常本佳吾(24)
-----------原田岳(31)----------

<サブ>

坂内祐太(2)、関海斗(4)、中杉雄貴(11)、千田奎斗(21)、川原田湧(25)、
藤田一途(28)、松井康輔(32)、伊藤優世(37)、岩城大助(38)

<交代>

70分:堀研太(39)→坂内祐太(2)
75分:渡辺力樹(9)→中杉雄貴(11)
84分:和田昌士(10)→岩城大助(38)
92分:吉尾海夏(14)→川原田湧(25)

<警告>

63分:小松駿太 [イエローカード]
82分:吉尾海夏 [イエローカード]

 

<山梨学院のスタメン>

------阿部優澄(10)-大西ジョニー(8)----
---五百蔵準(19)-------前田大然(9)---
-----塚田士文(7)----酒井健(6)-----
保井紘和(5)-大沼士恭(4)-纐纈大雅(3)-吉浜颯(2)
----------三枝慎弥(1)---------

<サブ>

渡辺太一(11)、丸山貴大(12)、馬場玲児(13)、相田勇樹(15)、角川俊祐(16)
林崎航(17)、加藤拓己(20)、西野隆男(23)、小林友也(24)、

<交代>

56分:塚田士文(7)→渡辺太一(11)
56分:五百蔵準(19)→加藤拓己(20)

 

<得点>

02分 [1-0] 和田昌士
34分 [2-0] 和田昌士
72分 [3-0] 遠藤渓太

 

<感想>

試合開始早々、幸先よくファーストシュートで先制点を上げるも以降は両チーム早いプレッシャーを前に中々決定機を作れない状況が続き2本目のシュートは27分に撃つことになったが、この辺りから徐々にボールが廻り出すと34分にまーしーのシュートが相手ディフェンダーに当たってコースが変わってのゴールで突き放すことに。

後半立ち上がりは山梨学院が攻めこむもGKの岳を中心とした固い守備で決定機を作らせずカウンターから渓太がゴールして勝負あり。

他会場の結果により残り1試合という中でプリンスリーグの首位に立つことになったが次勝てば優勝とかプレミア参入戦の切符を掴むとか、確かにそれのために1年戦ってきたけど、そういう副産物を意識しすぎてもろくな事がないので先ずは目の前の試合に勝って勝ち点3を得るということだけに集中してもらえたらと思う。